堺市西区浜寺南町の歯医者 ウエノ歯科

0722666480

診療時間9:00~13:00 / 14:30~18:30
※土曜の午後診療は14:00~17:00
休診日木曜、日曜、祝日

新着情報

WEB予約

カレンダー

新着情報

歯ブラシの歴史🪥

ウエノ歯科ブログ

2021.04.23

こんにちは☀️歯科助手の合田です🎶

ここ最近は、暑い日が続いてますね✨

 

 

6世紀歯磨き道具として使用されていたのは歯木(しぼく)と言われるもので最古の歯ブラシは木の枝だったのです。インド原産のニームが使用され、この樹液に歯周病を予防するタンニンが含まれていて、枝を噛み繊維をほぐして歯を磨いていました。しかし、歯木は当時貴重なものとして上流階級の人しか使用できず、庶民は指に塩をつけて磨いていたそうです。

江戸時代になると庶民に歯磨き道具が普及しました。それが房楊枝(ふさようじ)と呼ばれるもので房の部分で歯を磨き、尖った柄で舌を掃除していたそうです。

明治時代になるとイギリス製の歯ブラシを見本として現在の歯ブラシの原型が登場しました。それを竹楊枝(たけようじ)といい竹製の柄に、馬や豚の毛を植えものでした。

大正3年(19714年)歯ブラシという言葉が誕生しました。最初に発売されたのがライオンが製造した萬歳歯刷子(バンザイブラシ)だと言われています。

 

お問い合わせはお気軽に

0722666480

診療時間9:00~13:00 / 14:30~18:30
※土曜の午後診療は14:00~17:00
休診日木曜、日曜、祝日